スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【損切出来ない】絶対に矯正しなければならない問題

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

許容リスク以上に負けてしまうときのパターンについて記事にしていこうと思います。

損切の先送り

エントリーしたタイミングでは『ここを超えたら損切り』と決めていたのにも関わらず、いざ損切りラインに近づいてくると損切りラインを先延ばしにしたり、ナンピンでポジション増したりと、当初の計画から逸脱した暴走思考が出てきてしまい、膨らんでいく含み損を見て、『もぉ今更切れない。戻ってくるのを祈るしかない。』と、お祈りトレードに移行していきます。

このパターンはどっちに転んでもメリットはありません。

退場してしまう1番の原因は『損切りが出来ないこと』です。

先送りで成功してしまうパターン

例えばルール無視でのナンピンがたまたま成功したり、損切りを先延ばしにしたことでたまたま戻ってきて難を逃れた場合、今後同じようなピンチに遭遇すると必ず同じことを繰り返してしまいます。
『たまたま』は何度も続きません。いつか必ず口座残高は0になってしまいます。

損切を先送りにしたり、ナンピンした事で助かった『ダメな成功体験』のせいで、次も同じ事を繰り返してしまいます。

先送りで大ダメージを受けてしまう場合

逆にナンピンや損切りの先送りで大きな損失を出してしまった場合は、許容リスクの何倍もの損失を出してしまっているわけですから、『早く取り返したい。今すぐ狙えるエントリーチャンスはないか?普通にやっても取り返せないし、LOTは倍にしよう。』など、暴走思考は更に悪化して相場から退場してしまうのです。

ここまできてしまうと、今まで検証してきた手法や資金管理は関係なくなっており、感情に任せた優位性のないトレードとなっています。

想定外の損失は、次のエントリーにも影響を与えます。

想定内の負けで終わらせることが重要。


こうならないためにも、ルールは絶対守り訳のわからない事はしない!ここを徹底するだけで相場から退場するリスクは大きく抑えることができると思います。

相場で勝ち続けるために作ったルールなのだから守らなくては勝ち続けることはできません。

強引な矯正方法

そんな事は分かっているが、ピンチ局面になるとついつい損切りラインをずらして先延ばしにしてしまう人への簡単な対処法があります。
損切りラインがそこにあるからずらしてしまう。もっと具体的に言うと、損切りラインが見えているからずらしてしまう。だったら見えなくしたら良くないですか?
損切りライン(ストップロス)を背景と同色にしてしてしまえば、一度決めたラインでしっかり損切りとなります。このやり方は荒業のように感じるかもしれませんが、有効な方法だと思います。最初の内は知らぬ間に損切りとなったり、ポジション刈り取られて戻って行ったりと嫌な思いをする事もあるかと思いますが、一度決めたラインでの損切り行為を習慣化することが出来れば、不思議と損切りを受け入れられるようになって来ます。
分かっているけど出来ないなら荒業を使ってでも出来るようにする。

出来ないなら強制的にでも出来るようにする。

『損切りが出来ないという弱点』は荒業を使ってでも矯正しなくてはいけない部分です。

自分に甘いと成功は無い

自分にストイックじゃなければ相場では生き残っていけませんし、毎度同じことの繰り返しで資産を削っていては自暴自棄にもなりますし、最悪トレードを諦めてしまうことにもなります。
せっかく勉強して、入金して、減っても諦めず食らいついて・・・と頑張っていた時間が諦めてしまったらそこで無駄になってしまいます。まぁ無駄とは言いませんが・・・・・・やっぱり無駄ですよね。

ただ闇雲に食らいついていれば成長できる世界でもありませんし、やはり自分のダメな部分をしっかり理解して、荒業を使ってでも矯正することが大切です。

自分に厳しくする事は、未来の自分のためです。

出来ない自分を甘やかしてはいけません。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました