スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】環境認識からシナリオを考え、エントリー根拠を明確にする。

チャート監視を始めたらまずは環境認識

最近活用し始めたフラクタル構造・ダウ理論から環境認識をしていきます。

まずはH4チャートにラインと波形を書いていきました。

ラインの詳細

続いてH1チャートにも同様のルールでラインと波形を書きます

ライン詳細

M15チャートに関してはレンジ相場なので上限と下限にラインを引きました。

M5チャートに落とし込み

上位足で引いたラインと波形をM5チャートで確認していきます。

M5チャートにはオリジナルインジケータ「ak-pivot_po」を設定しているのでPivotが表示されています。

考えられるシナリオ

上位足で引いたラインと波形からシナリオを考えていきます。

1.M15のレンジを根拠とした逆張りのシナリオ

2.レンジ上抜け後にH1基準で押し目買いのシナリオ

3.レンジ下抜け後にH4での目線切替りライン付近までの戻り売りのシナリオ

4.H4での目線切替りラインから、下位足での反応を見て逆張りのシナリオ

私は上記4つのシナリオを考えました。

当然M5チャートの形状からも根拠は追加してのエントリーとなります。

シナリオ①で買いエントリー

下抜けしたらシナリオ③へ移行するつもりでレンジ下限からの買いエントリーとしました。

H4では上目線継続している中でH1では下目線となっている環境のため、どちらにせよ大きく取ろうとは思っていません。

レンジ狙いの逆張りの場合、エントリー後にもたもたした動きをしているときは危険なイメージがあります。

レンジ下限の下側には、同じくレンジ狙いの損切が溜まっていることが考えられ、そこを抜けてしまうと買いの損切=売りが殺到し瞬間的に大きく下落してしまうリスクがあります。

下抜けが新たな売りを呼び、トレンドが出てしまう事も十分考えられます。

レンジ下限での反応は見られましたが、レンジ上限を短時間で目指すような勢いは感じられず、「Pivot基準のライントレード手法」のエントリー場面である「M-Pivot+MAの合致点」となってしまっているので利確撤退としました。

その後のチャートです。

M-Pivot+MAでローソク足が反応しているのが分かります。

このまま下落していくのか、レンジ上限を目指す上昇を見せるのかはわかりませんが、

利確撤退の根拠としては後悔しない内容だったと思います。

comment

タイトルとURLをコピーしました