スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【メンタル矯正方法】強制的に冷静を保ちます

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

本日はメンタルについて記事にしていこうかと思います。

私のトレード手法を公開しておりますので気になる方は目次内の「トレード手法」を確認お願いします。

よく聞くメンタルの重要性

FXには資金管理がとても重要と言う話は聞いたことがあると思います。
それと同じくメンタル管理の重要性も耳にしたことがあると思います。

今回は『メンタル管理』について記事にして行こうかと思います。
まず、FXはなぜメンタル管理が重要視されているのか
そこには、かの有名な『プロスペクト理論』が関係してきます。

手法や資金管理のルールは大切ですが、メンタルの問題もかなり重要です。

『プロスペクト理論』

FXにおけるプロスペクト理論について簡単に解説すると、

『損を確定させる事を極端に嫌い、利益は少額であろうと確実にモノにしたい』という人間の心理を表したものです。

有名な例がありますが、

①100万円が無条件でもらえる
②サイコロを振り、奇数が出たら200万円がもらえるが、偶数だったらもらえない。

この条件であれば①を選択する人が圧倒的に多いと思います。
ここにある前提条件を追加します。

あなたはギャンブルで200万円の借金を抱えています。返す目処が立っていません』その状況でもう一度・・・
①100万円が無条件でもらえる
②サイコロを振り、奇数が出たら200万円がもらえるが、偶数だったらもらえない。

となると、②を選択する人がチラホラ出てくるのではないでしょうか?
選択肢は2回とも全く同じです。当然期待値も同じ。自分が置かれた状況によって、選択が変わってしまうのです。

これがいわゆるプロスペクト理論です。

相場の世界では自分が勝っている・負けているは全く関係ありません。

極端な話をすると、どんな状況であろうと①を選択し続けなければならないのです。

トレードに当てはめてみると

トレードに当てはめて考えると、『含み損は耐えに耐えて損切出来ない』『少しでも含み益になると利確したい衝動に駆られてしまう』というように、プロスペクト理論を意識せずFXをしていると自然と『損は大きく利益は少ない』損大利小のトレードとなってしまいます。

ここまではネット上のどこでも転がっているFXの常識とも言われる部分です。

勝っているトレーダーはこの部分を克服し『損小利大』のトレードを行なっています。

この問題の厄介な部分は、当初少ない口座残高でコツコツとプロスペクト理論を意識して損小利大のトレードを心がけて克服し、口座残高が増えてきた後の話です。


FXの最大の魅力は複利で運用する事で稼げる金額が爆発的に上がる事です。

そこで、口座残高が増える事に比例してポジョンサイズも増していき、一度に獲得できる金額を上げていきます。
ここで、克服したと思っていたプロスペクト理論がまた足を引っ張り始めます。

ポジションサイズを大きくした事で利益も大きくなりますが、同時に含み損の額も大きくなっています。
今まで目標まで利益を伸ばして1万円の利益を獲得していた中、ポジションサイズを大きくした事で、目標まで引っ張らなくても1万円の利益を獲得できてしまいます。

本来ポジションサイズが大きくなっているだけですので、当然今まで通り目標付近までは利を引っ張らなければいけませんが、果たして以前と同じく利を引っ張ることが出来るでしょうか?
含み損の時も同じです。損切りポイントまでの幅は普段通りだが少しの逆行で今まで損失許容額としていた金額を超えてくるのです。正常なメンタルを維持する事はできるでしょうか?

多くのトレーダーはポジションサイズを引き上げて、今までできていた健全なトレードが崩れてしまいメンタル崩壊で大きな損失を出してしまうと思います。
私も例に同じくトレードが崩れてしまったトレーダーの1人です。

強引な矯正法

私がしているメンタル矯正法は少し強引な方法です。

結論から言うと、『トレード中にMT4のターミナルを閉じておく』簡単に言うと『含み損・含み益の金額を見ない』という事です。

ここで役立っているのが『プロコントローラー改』という『FXismで有料販売しているツール』です。損益状況を見なくてもポジションごとにリアルタイムなpips表示をしてくれるので、損益に捉われずにトレードすることが出来ています。

極端な話口座残高が1万円でも100万円でも同じトレードが出来るのです。

【損切出来ない】絶対に矯正しなければならない問題
許容リスク以上に負けてしまうときのパターンについて記事にしていこうと思います。損切の先送りエントリーしたタイミングでは『ここを超えたら損切り』と決めていたのにも関わらず、いざ損切りラインに近づいてくると損切りライン...

この記事で損切りできない人へ向けた強引な矯正方法と同じで、メンタルは絶対に矯正する必要があります。

トレード中に損益を見ないなんて無茶苦茶だと思われるかもしれませんが、改善しなければいけない部分は強制的にでも改善する必要があるのです。

トレードを始めて間もないのであれば尚更です。

人間の心理なんてものはそう簡単に変えることは出来ません。
私はいつも妻から同じ事で注意をされていますし、私の息子と娘もいつも同じ事で怒られています。
所詮人間なんてそんなモノです。
直せないなら直し方から考え直さなければなりません。
そう考えると強引な改善方法も合理的だと思いませんか?

メンタルの問題は多くのトレーダーが直面し挫折していく壁です。

この壁を突破するためには強制的にでも是正する必要があります。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました