スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】2021.7.20 USDJPY:Short(-25.3pips)GBPCAD:Long(-31.0pips)GBPJPY:Short(+51.0pips)GBPUSD:Short(+24.8pips)EURJPY:Short(+26.5pips)

エントリー通貨の選定

今回トレードしたのは「USDJPY」のShortです。

環境認識

H4チャート

H4チャートで意識する価格帯です。

綺麗な上昇トレンド形成後にトレンド転換をしているのが分かります。
方向性の認識はトレンド転換後の右肩下がりの下降トレンドラインを基準とします。

H1チャート

H1チャートで意識する価格帯です。

下降の調整波を下抜いた波を基準波として売りのシナリオを立てていきます。

M15チャート

M15チャートで意識する価格帯です。

M15では基準波の半値ラインで2度目の否定足を形成しています。
75EMAもレジスタンスとして機能しているように見えます。

M5チャート

M5チャートへ落とし込みます。

H1基準波の半値が丁度W-Pivotと合致している状態です。
反発ゾーンだけでなくW-Pivotも背にShortできるのは根拠として強いです。

シナリオとリスクリワード

【エントリー日時】
2021.7.20 10:30

【損切パターン】
W-Pivotを超え更に反発ゾーンを明確に上抜けしたら損切

【利確パターン】
H1基準波と同じ値幅分下落の位置へTP設定。

【リスクリワード】
SLまで25.3pips
TPまで83.8pips
リスクリワード:1:3.3

途中経過

11:50
なかなか思う様に下がってくれません。W-Pivotを上抜いてくるようであれば損切を考えていきます。

   

12:30
W-Pivotに対して上昇の否定足が確認出来ました。
ここを天井としてシナリオ通りの動きに期待です。

    

13:45
否定足の後は大きく下落してくれましたが、その後売りの勢いが続きません。
もう一段下がり、売りの勢いが集まって来る事を期待しています。

  

16:00
16時切替りでレジスタンス上抜けを試してきました。
ここで上抜けされてしまうと危険です。

    

16:10
この動きは良くないです・・・。

トレード結果

25.3pipsの損切

最大含み損(pips):25.3pips

最大含み益(pips):13.5pips

2回目トレード

31.0pipsの損切

3~5回目トレード

GBPJPY:51.0の利確

GBPUSD:24.8の利確

EURJPY:26.5pipsの利確

comment

タイトルとURLをコピーしました