スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】2021.7.2 CADJPY:Long(+22.3pips)

エントリー通貨の選定

今回トレードしたのは「CADJPY」のLongです。

環境認識

H4チャート

H4チャートで意識する価格帯です。

右肩下がりのトレンドラインが機能しているのが確認出来ます。
大きく下降した波に対してV字で回復した波をH4での基準波としました。
基準波に対しての反発ゾーンで反応し上昇しているように見えます。
H4の基準波分上昇すると仮定した場合、買いのシナリオを立てたいと思っていました。

H1チャート

H1チャートで意識する価格帯です。

H1で確認すると、H4の基準波とした価格帯の中でH1での基準波が確認出来ます。
H4で上昇するシナリオを立てていたので、H1で狙いたい方向性と合致しています。
H1の基準波に対する反発ゾーンから基準波分伸びるというシナリオで買いエントリーしたいところでした。

M15チャート

M15チャートで意識する価格帯です。

M15ではトレンドライン上限でダブルトップを付け下降。
その後H1での反発ゾーンに対してダブルボトムを形成しています。
M15で見ても買いを狙ってよいタイミングでした。

M5チャート

M5チャートへ落とし込みます。

M5では各Pivotを見て行きますが、今回はPivotが機能していない相場に見えましたのでM5チャートは使用せずトレードして行きます。

シナリオとリスクリワード

【エントリー日時】
2021.7.2 22:41

【損切パターン】
H1の基準波に対する半値ラインを下抜けたら損切

【利確パターン】
H1の基準波分伸びた位置へTP設定

【リスクリワード】
SLまで47.6pips
TPまで81.7pips
リスクリワード:1:1.7

途中経過

23:25
エントリー後45分程で含み益10.0pips到達してきました。
まずは第1関門として直近高値の上抜けを期待します。

   

00:20
第1関門の直近高値
TPはまだまだ上なので、ここは軽くブレイクしてほしい所です。

   

01:00
H1確定足で直近高値抜けてくれました。
ひとまずは第1関門突破です。
本日は金曜日なので、ポジションの持ち越しはしません。
TPまで期待できるが時間がかかるのであれば撤退とします。

トレード結果

金曜日でなければ保有継続したかもしれませんが、週跨ぎはしなくなかったので利確撤退としました。
決済根拠としては、H1で高値上抜けでローソク足が確定したが、その後勢いがついて上昇する動きが見られなかった点です。
一旦付けた最高値付近まで上昇したタイミングで決済しました。

22.3pipsの利確

最大含み損(pips):8.4pips

最大含み益(pips):25.0pips

   

翌朝のチャートです。
利確しておいてよかったです。

comment

タイトルとURLをコピーしました