スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】日跨ぎはするが週跨ぎはしない。決済根拠は「睡魔」の自己都合トレード

エントリー通貨の選定

今回トレードしたのは「GBPUSD」のShortです。
GBPJPYのShortを狙っていたのですが、USDJPYが上昇傾向であったので通貨強弱の観点から、GBPUSDを選択しています。

環境認識

H4チャート

H4チャートで意識する価格帯です。

1段目の値幅でもみ合い上抜け。上限ラインをサポートラインとして2段目で長めのレンジを形成。
サポートラインを下抜け、ラインが再度レジサポ転換し機能している状況。
再度1段目の下限まで狙えそうな印象でした。

H1チャート

H1チャートで意識する価格帯です。

H1では下降前の調整の波と考え、斜めのレンジラインを意識しています。

M15チャート

M15チャートで意識する価格帯です。

M15で見ると、H1で認識した斜めの価格帯を下抜けた後に戻りを作っている状況。
H1での基準波に対しての反発ゾーンでしっかり反応しています。

M5チャート

M5チャートへ落とし込みます。

M5で確認すると、反発ゾーン付近にD-Pivot・M-Pivotが確認出来ます。
それらをレジスタンスとして反応しているようにも見えます。
反発ゾーン・D/M-Pivotを背にShortとしています。

シナリオとリスクリワード

【損切パターン】
H1で確認した基準波に対しての反発ゾーンの上抜けで損切

【利確パターン】
H1基準波の値幅分下降した位置へTPを設定。
エントリーが若干遅いのでリスクリワードが悪くなっています。

【リスクリワード】
SLまで45.4pips
TPまで62.5pips
リスクリワード:1:1.4

途中経過

1時間経過
基準波の下限ライン付近で反応しています。

トレード結果

10.9pipsの利確

最大含み損(pips):4.5pips

最大含み益(pips):14.5pips

今回の撤退は完全に自己都合です。
金曜日という事で週跨ぎはしたくないと思ってトレードしていました。
そんな中、眠気が襲ってきたので危険と判断して撤退しています。

comment

タイトルとURLをコピーしました