スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】含み損を抱えず利確。上位足のMA+Pivotで反応を確認し撤退。

エントリー通貨の選定

今回行なったトレードは「GBPUSD」のLongです。

環境認識

H4チャート

H4チャートで意識する価格帯です。

H4では3本の水平線を引き意識する価格帯を決めました。
現在は真ん中のラインで反応した後に押し目を作っている状態です。

H1チャート

H1チャートで意識する価格帯です。

H1で最安値を形成した戻り高値を上抜いた上昇の波を「基準波」と認識してシナリオを立てていきます。
基準波の上限から下限までの価格帯を意識していきます。

M15チャート

M15チャートで意識する価格帯です。

H1で認識できる基準波はM15では2つの波に分割することが出来ています。
基準波の中で高値更新を行なった波の上限から下限をM15で意識する価格帯とします。

M5チャート

M5チャートへ落とし込みます。

M5では反発ゾーンの上に各Pivotが控えています。

シナリオとリスクリワード

【損切パターン】
反発ゾーン内の「基準波の半値」で付けた安値を下抜けてきたら損切とします。

【利確パターン】
基準波の値幅分反発地点から上昇すると仮定したところ、基準波分上昇した辺りにH4で確認出来た水平線があります。
この価格帯の少し下側にTPを設定しました。

【リスクリワード】
SLまで38.9pips
TPまで112.6pips
リスクリワード:1:2.9

途中経過

30分経過
順調に上昇し、W-Pivot到達

   

1時間経過
W-Pivotは難無く突破し、M-Pivotへ向かっています。
TPはまだまだ上なので保有継続していきます。

   

1時間30分経過
M-PivotをM15終値でブレイク。このまま高値更新を期待したいところです。

    

トレード結果

M30:200EMA+M-Pivotの合致点で長い上ヒゲの反応。
TPまでは遠いが撤退の判断としました。

29.4pipsの利確

最大含み損(pips):2.5pips

最大含み益(pips):40.8pips

comment

タイトルとURLをコピーしました