スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】上位足の価格帯を意識し、下降を否定するプライスアクションからエントリー

エントリー通貨の選定

今回トレードした通貨ペアはEURJPYです。

価格帯の考え方からLongしたい位置での反応を見てのエントリーでした。

環境認識

H4チャート

H4で意識する価格帯を上抜いて押し目を作っている状況です。

上限ラインを抜けた後は目線はLongなので買い場を探したいところでした。

H1チャート

H1で意識する価格帯です。

H1上限付近でもみ合った後H4の上限ラインで反応。上昇トレンド継続を期待する場面です。

M15チャート

M15で意識する価格帯です。

高値が揃っており、安値を切り下げている状況。

高値付近にはShortの損切が溜まっていると予想できます。

ここをブレイクし、Shortの損切を巻き込んで上昇する動きが期待できます。

M5チャート

M5ではレンジ相場です。

H4の上限ラインがH1のトレンド継続ライン・M15の下限ラインとなっているのでこのラインを背にLongするエントリーは優位性が高いと思っています。

エントリー根拠

H4で意識する価格帯の上限ラインブレイク後の戻り。

H4上限ラインはH1のトレンド継続ラインとなっており、信頼性が高い。

上限ラインに対しH1で下降の否定足が確定している。

これらの根拠からLongエントリーしています。

シナリオ

H4上限ラインを基準にエントリーしているので、ここを下抜けてくると損切となります。

最大利確目標はH4上限をブレイクした値幅と同じだけ上昇した辺りとしています。

それまでの間に各種Pivotがあるのでそこでの反応を見て撤退も想定しています。

リスクリワード

H4上限ラインの下側をSL

ブレイク値幅分をTPとすると、リスクリワード1:3弱となります。

途中経過

20分経過し順調に含み益となっています。
直近高値はM-Pivotと合致しているのでまずはここを抜けれるか見て行きます。

  

更に5分後
M-Pivotは難無く抜けてくれそうな動きをしてくれています。

  

更に40分後
Short勢の損切が溜まっていると予想できるゾーンに到達
ここをブレイクすると大きく上昇すると予想しています。

  

更に25分後
高値が揃っているラインを抜けられずにいる状況
ここでM15足の上昇否定足が出るのであれば撤退と思っていましたが、否定足確定とはならなかったので保有継続としました。

トレード結果

ここを抜ければShortの損切を巻き込んで大きく上昇が見込めると予想していたラインでもみ合い、上昇の否定足が確定してしまったので撤退としました。

最大+18.7pipsでしたが、+12.6pipsで利確撤退の判断としました。

comment

タイトルとURLをコピーしました