スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】利を伸ばしたら面倒くさい相場に巻き込まれました。

環境認識

H4チャート

意識されていた価格帯をブレイクし上昇し、まだ高値が固まっていない状況。

H1チャート

今まで推移していた価格帯から1段上に上がって推移している。

高値もできており、新たな「意識される価格帯」が出来ている環境。

M15チャート

H1上限ライン付近でレンジとなっている。

このレンジ幅をM15での意識される価格帯として考えていく

M5チャートへ落とし込み

H1・M15上限付近からの売りエントリーが狙えるかチャート監視していきます。

PivotもMAもローソク足下側にあるので、エントリーはラインでの否定足の出現を待ちます。

否定足からエントリー

1本遅れてしまいましたが否定足出現から売りエントリーとしました。

本来であれば、ここから売りエントリーしたかったところでした。

エントリー後すぐに下落を開始してくれたので、順調に含み益が出ていました。

利確レンジ下限を目標としていましたので、ここでは保有継続としました。

しかし、V字回復で含み損転落

上限ラインは実体で超えていないので損切する理由がありません

当然保有継続となります。

再度下落開始。

今度こそレンジ下限を目指すだろうと思っていたら・・・。

またもや上昇。

時間だけが経過し、燃費の悪いトレードとなっているので、レンジ上限でポジション追加

レンジ下限まで保有せず直近安値を目標とします。

損切・・・。

結果は損切でした。

何度も逃げ場はあったのですが、それは結果論です。

決済根拠がなければ保有継続もルールのうちです。

負けトレードがあっても当然なのでまた次頑張ります。

comment

タイトルとURLをコピーしました