スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】乗り遅れ気味でもリスクリワードが良ければエントリー。シナリオ外での動きは縁がなかったという事。

環境認識

環境認識後即エントリーとしたので、環境認識画像がエントリー済みのものになっています。

H4チャートでの波形とライン

H4チャートでの環境認識

綺麗な下降トレンド形成中。H4は俄然売り目線。

H1チャートでの波形とライン

H1チャートでの環境認識

底を固めたようにも見えますが、戻り高値までは売り目線継続。

D-Pivotを下抜けているので、D-Pivotを基準としてトレードシナリオが組みやすい場面です。

M15チャートでの波形とライン

M15チャートでの環境認識

H1での売り目線ゾーンの中で上昇に転じようとした場面です。

上昇トレンド形成を試すも、レジサポラインとして機能していたD-Pivotを下に抜けています。

M5チャートに落とし込み

エントリー済みの画像となっていますが、レジサポとして機能しているD-Pivotを基準とした戻り売りをしています。

トレードシナリオ

基準としたD-Pivotを明確に上抜けしたら損切

M15で確認できる直近安値を利確目標としています。

もう少し早くチャート監視できていれば、もう少しD-Pivotに近い位置からエントリーしたかった状況でした。

少し出遅れとなっていますが、リスクと期待できるリワードを見比べるとまだまだ優位性がありましたので、Shortエントリーとしています。

途中経過

順調に下落してくれています。

ほぼTPと時間足切替り直前で利確

上位足であるH1の足切替りタイミング直前で、TPラインへほぼタッチしていましたので手動で利確としています。

利確後の値動き

利確後はTPとしたライン上で小さな値動きとなっています。

ほぼTPで利確しているので納得のトレードとなりました。

この直後

M15で引けるラインまでのシナリオでしたので、ここを下抜けた動きはシナリオ外です。

縁がなかった値動きと自分を納得させることが出来ます。

comment

タイトルとURLをコピーしました