スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【新手法トレード記録】フラクタル構造・ダウ理論でシナリオ構築。上位足の調整波に乗ったトレード

 

使用する時間足

新たに取り入れた手法は

M5・M15・H1・H4の4種類の時間足から環境認識・シナリオ構築していきます。

上位足の値動き

まずは上位足の直近の値動きを追っていきます。

下位足で表示させるために、上位足の値動きに対して波形を追っていきます。

まずは4時間足

4時間足については赤色で追っていきます。

急上昇から押し目を付けた後、横ばいの動きを見せ再度高値更新していった相場でした。

続いて1時間足

1時間足については青色で追っていきます。

下降トレンドからトレンド転換を見せて綺麗な上昇トレンドを描いている状況でした。

最後に15分足です

15分足は緑色で追っていきます。

1時間足で追った値動きの内部で高値更新していった部分に注目しました。

上位足で意識されそうなライン

上位足での大まかな値動きを確認した後は、意識されそうなラインを引いていきます。

意識されそうなラインとはダウ理論に基づいて高値・安値更新した始点・終点及び更新の基準となったラインへ引いていきます。

まずは4時間足

続いて1時間足

最後に15分足です

追った値動きとラインを5分足で確認

値動きとラインを確認した後は5分足チャートに切り替えていきます。

5分足で確認できる押目となった位置や高安値もチェックします。

今回の相場は強い上昇トレンドが形成されている相場であり、ロングポジションに優位性があるのは明らかです。

押し目を待ってLongエントリーするのが良いでしょう。

しかし、上位足の値動き・ラインから各時間足での理想の押目を狙って行くにはまだまだ高値圏で推移している状況です。

シナリオ構築

4時間足・1時間足で狙いたい押目まで待つとなると、その価格帯まで降りてくるShortポジションを保有できる可能性があります。

上位足では強い上昇トレンドとなっていても、下位足で下降トレンドが発生すれば、トレンド崩壊or上位足の押目価格までのShort保有もできるのでは??

という視点で待つことができます。

その後、下位足での目線切り替えとなるラインへ到達

ここで①下抜け②レンジ③上昇継続のシナリオを立てます。

成行注文はak-controller・指値はLOT管理表を使う

①のシナリオが期待できる値動きとなってきました。

戻ってくるのを待ってak-controllerで注文でも良いのですが、今回はLOT計算表を使用し指値注文としました。

指値で売り注文約定

指値に当たり、売り注文が約定となりました。

損切上昇トレンド継続が確定する高値の上部

利確目標4時間足の上昇トレンドとなった高値更新ライン

途中下降が期待できなくなれば撤退とします。

トレード経過

約定されてからラインで反応を見せて、シナリオ通りの動きとなっています。

明確に安値更新したのでSLを引き下げリスク限定としました。

大きな陰線の後、下降の勢いが続かず下ヒゲとなったので利確撤退としました。

あくまで上位足は上目線なので強気でホールドはケガするリスクが高いと判断しました。

決済後の動き

この後どう動くかはわかりませんが、現時点では下げ止まりとなっております。

今回のエントリーは上位足の調整波に乗る形でのエントリーだったので手堅く利確でOKの環境でした。

翌朝確認したチャート

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました