スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】ドル円の上昇を軸にトレード。ヘッジのポジションに助けられ利確。

 

まずは2月の成績

まずは2月の不甲斐ない成績から紹介していきます。

月初にドテン失敗で損切となった記事を公開しておりますが、実はその後連敗していました。
2月はその損失を埋めた月となりました。
マイナス収支ではなかったのですが、久しぶりにこんなギリギリな成績となってしまいました。

収支は微妙にプラスとなっていますが、獲得pipsはマイナスです・・・。
月後半は、プラ転を目指す気持ちが強く利を伸ばすようなトレードとなっていませんでした。
ak-controllerのおかげで、ドカン負けはしていないのですが、負けトレードが続くとそれなりに大きな負けとなっていました。

微益といえどもプラスで終われているので今月も戦えます。

それでは、3月1発目のトレードを紹介していきます。

ドル円の上昇を軸にユーロポンド確認

いつも通りのドル円から環境認識です。

ドル円
高値が揃ったレジサポラインより上側で推移している間は上目線。
各上位足のPO状態も良好で、現時点では上昇が期待できる。

ユーロポンド
こちらはD-Pivot+MAの辺りで下落の前兆のようなローソク足を形成中
このまま下落していくイメージです。

ユーロドルのShort

ドル円上昇・ユーロポンド崩れとなればポンド円のLongかユーロドルのShortです。
ポンド円は上昇の形状ではなかったのでユーロドルのShortを選択しました。

が、・・・・・
ユーロポンドが期待通りの下落とならず怪しい雰囲気が出ています。

ポンドドルもヘッジでShort

ユーロポンドの値動きが思惑通りではなかったのですが、ドル円の上昇はブレていなかったのでヘッジでポンドドルをShortしリスクを分けました。

ドル円の上昇が怪しくなってきた

軸としていたドル円の上昇が少し怪しくなってきています。
最初に決めた上目線の境界線付近まで下落。ここで耐えて上昇するのであれば上目線は継続です。

このころユーロドルは含み損

ポンドドルは大きく含み益となっています。

それは、ユーロポンドが上昇し、ポンド弱となっていたからです。
このままドル円は上目線を継続
ユーロドルが微益
ポンドドルで利を稼ぐ

というパターンを期待していました。

ポンドドル第1目標到達

ポンド弱相場の中、ポンドドルが第1目標到達。

他通貨はこんな感じでした。
ドル円が踏みとどまりドル高継続
ユーロドルもチャラ逃げ出来そうな状況でポンドドルが稼いでくれている。

ユーロドルでシナリオ外しているのでここはしっかり逃げなければなりません。

撤退判断

ポンドドルは結局第1目標で撤退です。

なぜここで撤退としたかというと・・・

シナリオを外したユーロドルがほぼチャラとなり逃げれる位置だったからです。

本日の収支

本日の収支です。
ポンドドルの設定損切幅が広かったので、自動計算されたLOTが小さくこの程度の利確となっています。

決済後のチャートと振り返り

結論から言うと、かなり美味しい所で撤退できています。

まずはポンドドル
撤退した辺りがほぼ底となりV字回復です。

ユーロドルも逃げていなければせっかく助かったポジションも含み損へ逆戻りしていました。

最初はドル円上昇・ユーロポンド下落のシナリオでユーロドルのShortとし、少し戻ったところでもう5%リスクを取ろうといったシナリオでしたが、ユーロポンドの値動きからシナリオ変更でポンドドルをヘッジでShortとした判断は正解でした。

逃げ場所も欲張らず一旦撤退の判断で大正解となっていました。

利益は小さいですが、内容は良かったトレードでしたので本日は悔いなく終了とできます。

トレード動画

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました