スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】撤退判断ミスにより損切。ローソク形状・タイミングから撤退できた反省トレード

 

ドル円・ユーロポンドから環境認識

ドル円
MA下側で推移し、緩やかながら下落トレンド形成中。
現状は下目線

ユーロポンド
こちらは大きく下落相場

通貨強弱としては
ポンドが目立って強い・ユーロポンド大きく下落に対してユーロも弱いわけではない
ポンドを買うには遅すぎる印象で、手が出せませんでした。

ユーロ・ポンドは選択肢から外しドル円勝負

ドル円の緩やかな下落トレンドに乗る形で戻り売りを選択しました。

第1目標到達

H1ローソク足切替り前に第1目標到達しました。H1足切替りという事もあり撤退判断としても良かったのですが、下抜けしていく可能性もあるので、足確定まで見ることにしました。

H1足切替りのタイミングで下ヒゲが長い形状となってしまいました。
再度下値を試す動きを期待しておりましたが・・・・・

この通り損切となってしまいました。
1度第1目標に到達してからの損切なので、撤退判断ミスが悔やまれるトレードとなりました。

決済後のチャートとトレード振り返り

決済後は更に上昇していき、損切となって良かった結果となりました。

今回の反省点は撤退根拠が出ていたにもかかわらず、保有継続の判断としてしまったところです。

今月まだ1度も大き目の利益が出ていないことから欲が出て保有継続した部分もありました。

その後・・・

ドル円損切後、ちょこちょこトレードをしていました。

結果はこちらです。

なんとかプラ転で終了としました。

トレード動画

反省トレードとなりましたが、動画作成しました・・・。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました