スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】相関・強弱の判断が難しい時はシンプルに「ドル円」でトレード

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

通貨強弱から環境認識

ユーロポンド
ポンドが大きく買われており下落していたが、現在のポイントはM-Pivot+ラウンドナンバー
上昇の調整が入ってもおかしくない場所。

ポンドドル
ユーロポンドで反応しそうな位置に対してポンドドルはW-Pivotを超えられるのか??という局面。
反応して陰線となる可能性は十分ある。

ポンド円
ポンドドル同様反応してもおかしくないポイント

ユーロ円
下落基調には見えるが安値を切り上げている状況
今後の方向性について判断が難しい

ユーロドル
ドル円が上昇傾向なのでShortを狙っても良い通貨だが、レンジ下限まで降りてしまいここからはエントリーできないという局面

強弱から方向性が判断できない場合はシンプルにドル円を選択

ドル円・ユーロポンドから通貨強弱を判断し、ユーロ・ポンドを絡めた通貨ペアでエントリーすることが多いが、今回のような判断が難しい時はシンプルに「ドル円」でトレードすることも多々あります。

ユーロ・ポンドは判断から切り離してドル円のチャート形状・ローソク足の反応を根拠にLongエントリーとしました。

損切は前回安値付近
利確目標はラウンドナンバー
ひとまず目標として直近高値付近での値動きに対して注目していく

直近高値での反応

獲得pipsはまだまだの状況ではありますが、目安となる直近高値へ到達。
ここでローソク足の反応に注目していきます

利確目標までの間に、基準とするラインが無かったのでFiboを使用しライン追加しました。

H1足の切替りタイミングは注意

順調に含み益が増えていますが、H1足の切替りのタイミングが近づいていました。
上位足の足切替り付近は大きく動くことも多くあり、00:00までには決済しておきたいと考えていました。

足途中だが利確撤退の判断

H1切替り前に長い上ヒゲの陰線を生成し始めたので撤退の判断としました。

決済後のチャート

決済後若干の調整の動きを見せ、TP設定していた辺りまで上昇しています。
保有継続していれば、大きく伸ばせたのですが撤退判断をした次足で上昇を否定するようなローソク足が出現しています。
もし、保有継続していたとしても次足の終値で決済しておりましたので、その後の上昇はもともと縁がなかった上昇でした。
ルール通り割り切っているのでここに関しては後悔はありません

トレードの振り返り

今回は通貨強弱・相関関係からのエントリー通貨選定は難しく、いつも強弱判断にしようしているドル円でのエントリーを選択しております。

わからない所に無理やり手を出さなかったのは「◎」です。

利確撤退位置も上昇の否定と判断したことによる決済なのでその後伸びてしまっていますが全く問題ないトレードだったと思います。

トレード動画

この記事では解説しきれていない部分も、動画では話しています。
是非動画も確認してみて下さい。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました