スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】通貨強弱を見分けて優位性のあるトレードを意識します。

 

環境認識

ドル円
下落中ではあるが、ラウンドナンバーとW-Pivotが効いて下ヒゲを作っている。
このゾーンは一発では抜けないで反応するのではないかと期待できる印象。

ユーロポンド
下落からの転換が期待できそう。
Pivot+MAで反応し始めているので、トレンド転換期待。

ドル円上昇・ユーロポンド上昇のタイミングを狙うとすれば、ユーロ円のLongかポンドドルのShortが優位性が高いと判断できます。
ドル円・ポンド円・ユーロドル・ポンドドル見比べると、ポンド弱と判断出来たので、ポンドドルチャートにて予め「ak-controller」で損切ラインを決めておきました。

D-Pivotでのプライスアクション

D-Pivotで上抜け否定の動きが確認出来たので、足変わりのタイミングでShort。

損切は前回安値
利確目標はD-Pivot
第1目標は安値が合致するレジサポライン

ポジション保有後の通貨強弱

保有しているのはポンドドルのShort
ポンドドルが下落するにはドル円の上昇とユーロポンドの上昇が重なり、更にその動きがドル高とポンド安であれば完璧です。

ドル円は期待通り反応してくれています。

ドル円が反応して上昇してくれている中でポンド円が下落。

ということはポンドドルは更に陰線が伸びるポンド安の環境になっていることが分かります。

ドル円↑なのにポンド円↓であれば、当然ポンドドルは↓↓です。
今の瞬間はポンド売りが盛んになっていると判断出来ます。

更にユーロポンドもレジスタンスブレイクしており、ポンド売りが更に加速しそう。

保有環境は良い状態です。

「ak-controller」トレール機能

第1目標をブレイクしていたので、「ak-controller」のトレール機能を使いました。

その後も順調に下落していき、トレール機能によりSLラインが引き下がって行っています。

下落否定のパターン

このまま利確目標まで走ってくれるのかと思っていましたが、下落否定のパターンが出てしまいました。

ここは欲張らず、潔く足変わりで利確撤退判断としました。

決済後のチャート

決済後は陽線が連続しており、保有継続していればマイナスへ転じていた状況でした。

トレード振り返り

今回のトレードはポジション保有中の通貨強弱判断が良くできたので、強気で保有の場面と撤退の判断のメリハリを上手くつけることが出来ました。

TPでの利確ができれば良いのですが、毎回想定通りの位置まで伸びてくれるとは限りません。

伸びないと判断したのなら潔く撤退することが損小利大のコツだと思います。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました