スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】ユーロの売りか?ポンドの買いか?相関関係を使ったトレード。

 

相関関係からの環境認識

ドル円
方向性のないレンジ相場という印象
MAに潜っており、上側にはD-Pivotも控えているので上値は重いだろうという判断で、レンジ下限までは下落していくイメージ。

ユーロポンド
上昇からの転換をしている印象
現在値のラウンドナンバー抜けると下側のD-Pivotを目指していくイメージ。

ユーロ円の売りか?ポンドドルの買いか?

ドル円↓・ユーロポンド↓であれば、ユーロ円のShortかポンドドルのLongが優位性が高い。

ユーロ円・ポンドドルのチャートを見比べていきます。

ユーロ円
D-Pivot+MAの合致点を一度は上抜けするもすぐにD-Pivot下へ潜りそうな値動きをしていました。
Pivot上抜け出来ないのであれば、長期MAパーフェクトオーダーも継続しているので下落するだろうというイメージ。

ポンドドル
長期下落のパーフェクトオーダー継続中だが、短期では上昇パーフェクトオーダー形成中(右上の矢印)。W-Pivotまでは上昇期待できそうなイメージ。

ak-controllerでリスクは5%固定

ユーロ円・ポンドドルを見比べて
ポンドドルはMA形状がまだ下落を否定していないので、ユーロ円のShortに決めました。

ak-controllerを使い、リスクは有効証拠金の5%指定

第1目標は下側のラウンドナンバー
利確目標は下側D-PivotとW-Pivotが重なる位置
損切は前回戻り高値付近

ドル円とユーロポンドの動きは予定通り・・・。

ドル円とユーロポンドは予定通り下落基調でした。

が、「ユーロが弱い」ではなく、「円が買われている」でもなく、ポンドドルの買いが正解だったようです。

しかし、ユーロ円の損切するまでの決済根拠もなくダラダラと保有が長いトレードとなっています

ユーロ円を損切せず耐えていた理由としては
①.ドル円は予定通り下落している(クロス円はShort狙っていても良さそうと判断)
②.ユーロポンドも予定通り下落(ポンド強いではあるが、ユーロはそこまで強い印象ではなかった)
③.①・②の理由がある中で、損失を許容している価格までまだ余裕があった

時間がかかり過ぎ+ボラティリティが小さいので微損で撤退

方向性のない値動きで、利確も損切もさせてもらえない状態が続いていました。
こうなってくると、最初に根拠づけた優位性はありません。
時間だけが過ぎヨコヨコ相場でしたので、建値付近まで戻ってきたところで躊躇せず撤退しました。

決済後のチャート

決済後は引き続きヨコヨコ相場でした。

良い所で撤退できてのではないかと思います。

トレード振り返り

環境認識でドル円とユーロポンドの形状から相関・逆相関を根拠としてユーロ円とポンドドルを天秤にかけ、ユーロ円のShortを選択。

結果、この2択が間違えたことでこのようなトレードとなってしまったのですが、この点に関しては後悔していません。

ユーロが弱いのか、ポンドが強いのかの判断は外れてしまいましたが、ドル円・ユーロポンドの方向性は正しく判断することが出来ていたので、ユーロ円で大きな損失を受けずに済んでいます。

勝ちトレードも大切ですが、いかに大きく負けないかを意識して今後のトレードをしていきます。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました