スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】苦手な相場は手を出さない。ノートレードで終了の判断も重要です。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

苦手相場でノートレード判断

本日はノートレードで終了としました。

理由は、苦手な相場だったからです。

私の苦手な相場というのは「方向性が判断できない」「どっちに動いてもおかしくない」「通貨強弱が判断しにくい」相場です。

なぜノートレードの判断になったかを、環境認識から紹介していきます。

環境認識

いつも通りドル円から順に環境認識していきます。

ドル円

下降トレンドかと思いきや、トレンド転換の動きを見せています。

短期で見るとトレンド転換ですが、少し引いてみると下落の戻しにも見えてきます。

現段階では方向性は判断しにくい形状でした。

ユーロ円

下落の底を固めて上昇に転じている形状です。

私は、この形状は上目線と判断します。

が、ドル円と見比べてみると「相関でも逆相関でもない」形状でした。

ポンド円

ユーロ円の上目線に対してポンド円は完全に下落トレンド形成中の下目線です。

こちらもドル円とのシンクロは見られません。

各々が独自の動きを見せている状態です。

ユーロドル

キリ番ラインで頭打ちしているが、経常的には上目線の形状。

ユーロ円・ユーロドルが上目線なので、ユーロ高の相場となっていることが分かります。

ポンドドル

ポンド円同様完全に下目線でした。

MAからの乖離が大きくなっているので、エントリーチャンスはまだ来ないという印象です。

ポンド円・ポンドドルが揃って下落しているのでポンドが売られている相場ということが分かります。

ユーロポンド

ユーロ高相場・ポンド売りの相場なので、当然ユーロポンドは上昇しています。

ノートレード判断の理由

ユーロポンドの動きからユーロとポンドの強弱を判断し、ドル円の相関・逆相関に当てはめてエントリー通貨を選定することが多いのですが、

今回のパターンではユーロポンド上昇に対してユーロが強くてポンドも弱い。

ユーロのLongとポンドのShortを比較したところ、どちらか一方に特別優位性があるとは判断できませんでした。

更に、ドル円のチャート形状がユーロ円・ポンド円・ユーロドル・ポンドドルとシンクロしていない状態でした。

ユーロとポンドがそれぞれ主体として相場を動かしているといった印象です。

こういうパターンはよく見られます。

そして、良く負けてきたパターンでもあります。

狙う通貨を絞り込めない環境では、根拠に自信をもってエントリーすることが出来ません。

根拠に自信がないと、損切・利確の判断が正しくできません。

エントリーする前から不利な状況が見て取れるので、ノートレード判断としました。

ノートレードは負けではない

チャート監視したからにはエントリーしたい。と思ってしまうトレーダーは多いと思います。

しかし、判断がつかない相場で勝負をかけて損切となってしまった場合「やらなければ良かった・・・。」と後悔することは目に見えています。

ノートレードは負けではありません。

口座残高は減りません。

私にとって、ノートレード判断でリスクを回避するという行為は「勝ちトレードの思考」だと考えています。

無理してトレードしなくても、自信のある所だけ勝負すれば良い。

自分に言い聞かせることで、勝率は安定し、再現性のあるトレードを繰り返すことが出来ます。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました