スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】相場に置いて行かれてしまったら無理して追いかけない。チャンスを待つのが大事。(動画あり)

 

通貨強弱判断

ユーロポンド
D-Pivot・W-Pivot・MA全て下抜き下落しており、上げるのは厳しそうな印象

ドル円
方向性が判断できない状態だったのでしばらく手は出せない状況でした。

しばらくすると、ドル円に動きがありました。
MAに沿いながら下落を始めたように見えます。ここでドル円↓・ユーロポンド↓と判断しました。

狙いはポンドドルのLong

通貨強弱からポンドドルのLongで切る場所を待つことにしました。

一旦調整の動きを見せ、D-Pivot+MAでのローソク足形状確認し押し目買いのイメージでした。

相場に置いて行かれ、何もできず・・・。

思ったより押目が浅く、エントリーできないまま利確目標となり得るラインに到達してしまいました。

その後さらに伸びていき、完全に相場に置いて行かれてしまいました。

ポンド円ではLongチャンスあったのですが、ドル円が下落していることからクロス円ペアのLongは見送りました。

ドル円下落・ユーロポンド下落の流れが続き、ポンドドルは更に上昇。

環境認識が当たっていただけに悔しい展開でした。

この展開は、ポンドドルのLongは諦め他でチャンスを探すしかありませんでした。

ユーロポンドにチャンス到来

普段取引ペアとはしていないユーロポンドが大チャンスでした。

チャート形状・上位足の流れ(長期・短期のPO成立)・ローソク足の反応。と根拠が重なっておりました。

ユーロポンドのShort

損切は戻り高値付近
利確目標はW-Pivot
第1目標はD-Pivotとしました。

第1目標到達するも早めの判断で撤退

ポンド買いが進み、無事第1目標到達となりました。

一気に抜けていくのか、反応してしまうのかを注目していきます。

まだ撤退判断するには早いのですが、

普段取引しない通貨・H1足変わり・長時間エントリーチャンス待っていた疲労が重なり、撤退したい気持ちが強くありました。

そんな中、第1目標を抜けずに足確定したので撤退の判断としました。

決済後のチャート

自分都合での理由が大きかった撤退判断でしたが、良い所で撤退できていました。

この後大きく下げる可能性もありますが、集中力が続かない中でポジション保有しているリスクが怖いので、撤退判断で良しとし、伸びても縁がなかったと割り切ります。

トレードの振り返り

今回のトレードの重要な点は「待ち」でした。

狙っていた通貨に乗り遅れ利益を取り逃した時、悔しさから飛び乗りエントリーしてしまう方も多いと思います。

しかし、ルール外の飛び乗りエントリーはとても危険です。

相場に置いて行かれた時は焦らず次のチャンスを待つ。もしチャンスが来ないならノートレードで終わっても良い。という気持ちを持つことが大事だと思います。

今回のトレードでは、飛び乗ることもなく、置いて行かれたものについては諦め違うチャンスから利益を取りましたので、満足いくトレードとなりました。

トレード動画

動画を通じて興味を持ってくれる方もいるかと思いますので、こちらにもリンクを貼り付けます。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました