スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】エントリーはしっかり待ち、撤退判断は的確に

 

環境認識

いつもどおり6通貨ペアを確認していきます。

ドル円
大きく上昇した後に勢いのある下落。
この形状は方向性が判断しにくいです。
MAのパーフェクトオーダー継続中+週Pivot・日Pivotのセンターよりも上で推移していることから、どちらかというと上目線。

ユーロポンド
こちらは上昇の押目と判断し上目線

ドル円上目線・ユーロポンド上目線であれば、狙うのは
ユーロ円のLongかポンドドルのShort

ユーロ円
上昇していくようには見えない。

ユーロドル
こちらも方向性が読めない形状
ユーロ円・ユーロドルの形状から、本日のトレードはユーロ触らないことを決めました。

ポンド円
下落トレンドの戻りのような形状
Pivot+MAの合致点も確認出来き、Short狙いやすそうな形状。

ポンドドル
ポンド円同様戻り売りを狙えそうな形状。
相関関係からの根拠を含め、ポンドドルのShortが第1候補
Pivot+MAまで上昇してきた際のプライスアクションに注目

この時のツイート

エントリーポイントはしっかり待つことが重要

狙っている価格帯付近まで上昇してきたが、まだエントリーするには早い状態です。

しっかり狙った価格帯でのプライスアクションを見ていきます。

この時のトレード思考をツイート

上昇の否定足を見てShort

チャート形状・ローソク足・相関から根拠集めてShortエントリーとしました。

損切は上部日Pivot+ラウンドナンバーの価格帯を超えたところ
利確目標は前回安値となっているラウンドナンバー
第1目標・第2目標もそれぞれラウンドナンバー

としました。

第1目標到達

エントリーした位置でしっかり山を形成してくれ、すんなりと第1目標へ到達しました。

ここでは撤退か保有継続かを判断していきます。

上向きのMAとラウンドナンバーが合致している部分なので、否定足が出れば一気に上昇の可能性もあります。

慎重にプライスアクションを確認していきます。

この時のツイート

勢い見られず撤退

第1目標としたラウンドナンバーを下抜けしようと試してはいるが、終値で抜ききれない状況。

上向きMA+ラウンドナンバーの位置なので上昇の危険もあり。

一気に抜けれないなら下げの勢いは強くないと判断し利確撤退。

この時のツイート

決済後のチャート形状

撤退したあたりから上昇しています。

利確撤退の判断は大正解でした。

トレード振り返り

トレード根拠を「チャート形状」「ローソク足」「相関」から見出していたので、いつも通りのエントリーでした。

撤退判断も根拠をもって行なっており、実際に利確して正解の形状となっているので満足です。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました