スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】損切からドテン不発。変則トレードで勝ち越し

 

環境認識

まずは簡単に各通貨確認していきます。

まずはドル円
長いレンジからの下抜け
下落していきそうな印象でした

ユーロ円
大陰線で崩れているのでShort勢の勢いが付きそうな印象

ポンド円
レンジ上抜けからの押し目を作っている状態
しかし、ドル円が下落なのでポンド円はLongしずらい。

ユーロドル
ユーロ円同様大陰線での崩れ。ユーロが弱い相場になっている。

ポンドドル
ポンド円同様にレンジ上抜けからの押目
ドル円下落予想なのでLongするならポンドドルが狙い目

ユーロポンド
こちらも下落していきそうなチャート
Pivot下抜けているので一旦戻して再度下を目指すように見える。

ドル円↓・ユーロポンド↓
ユーロは大陰線で追いかけShortは危険

とすれば、ポンドドルのPivot+MA辺りが狙い目となります。
まだロング出来る位置ではないので様子見とします。

弱かったユーロが戻ったのでユーロドルShort→損切

ユーロが一人負けで下落して行っている印象でしたが、戻ってくれたのでユーロドルShortしました。

損切は前回高値
利確目標は下に見えているPivot

第1目標は前回安値

としました

エントリー後の立ち上がりはとても順調に陰線を作ってくれました。

しかし、陰線の勢いが続かずに基準としたPivotを上抜けしてしまったのでSLまで待たずに損切としました。

損切からドテンLong→不発で微益撤退

ドル円は相変わらず下目線継続中でした。

ユーロドルが下がらない中でドル円が下落継続であれば、Longの方が優位性があると判断しラウンドナンバー+MAでの押目ドテンLongとしました。

損切は前回安値
利確目標は上に見えているPivot
第1目標は週Pivot

としました。

こちらもエントリー直後は陽線で上抜けの雰囲気見せてくれましたが不発で上昇を否定。

再度上昇見せるも勢いが見られなかったので+1.1pipsという超微益で撤退しました。

ユーロポンドの形でポンドドルLong

ユーロポンドがPivot+MAで反応している状況でした。

このパターンはいつも待っているパターンでした。が、ユーロポンドは普段エントリー対象としていない通貨ペアです。

ドル円が継続して下基調なので

ユーロポンドの根拠からポンドドルのLongに決めました。

他通貨のチャートから根拠を採用した変則トレードとなりました。

損切は前回安値orユーロポンドの下落否定
利確目標は上部の日Pivot
第1目標はラウンドナンバー

としました。

第1目標到達

3度目の正直で第1目標到達しました。

ここは撤退か保有継続の判断を行なうラインなので利確はまだしません。

が、前回の確定損もあり、トレードが長引いていたので利確してしまいたい気持ちもありました。

ラウンドナンバー上抜け出来ず+確定損もありトレードが長引いていたことを加味して判断するのはまだ早い状況でしたが撤退とし、利確しました。

決済後の各チャート

ユーロドル
結局は時間経過しても動きが見られず撤退して正解のようでした。

ポンドドル
利確後陰線を付けてその後大きく上昇。
保有していれば爆益で終えることが出来ていました。

が、私のルールでは利確後の陰線終値で上昇否定と判断し利確撤退していたはずです。

どのみち大きな上昇は縁が無かったと割り切って終了としました。

トレード振り返り

最初の環境認識通りポンドドルのLongを待っていれば何も苦労せず終われた日でした。

ドル円が下落基調でしたのでユーロドルのShortという選択はもっと慎重に決めるべきだったと反省です。

ポンドドルの大陽線取り逃しについてはルール上縁のない陽線でしたので気にしません。

12月中間成績公開

12月末は年末という事で恐らくトレードはしないと思います。

今週・来週で年内トレードは終了予定ですので週半ばですが中間成績を公開します。

今月は2連敗スタートで月初は苦労しました。

勝率は57.14%と決して良い成績ではありません。

しかし、リスクを限定してSL到達前の損切を行なっておりますので損切平均は9.7pipsとなっております。

資金の増減率は56.58%と月半ばで資金が1.5倍になっております。

獲得pipsも100を超えてきたので勝率の割には順調だと思います。

私の手法に興味がございましたら、無料で提供しておりますので是非下の記事確認してみて下さい。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました