スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】保有5分未満で利確。相関を意識したトレード

 

エントリー前の相関判断

今回もいつも通りドル円から主要通貨の状態を監視していきました。

まずはドル円
一旦下落のそぶりを見せるも期待したShort勢を裏切り下落を完全否定しております。
私には上昇していくようにしか見えませんでした。

続いてユーロポンド
大きく乱高下し売り買いの攻防戦が行なわれておりましたが、結果は売り勢力の勝ち。
このまま下落していきますよ。というチャート形状。
これに関しても下落していくようにしか見えませんでした。

ドル円上昇・ユーロポンド下落であれば
狙いたいのはユーロドルのShortか、ポンド円のLongです

まずはユーロドル
トレンド転換の下落相場でしたが、さすがにここからの追いかけShortはリスクが大きいです
感覚だけでこのような場面で追いかけてしまうと苦労します・・・。

続いてポンド円
こちらはまだ動き出しておりません。
相関関係上はロングしてもOK。
チャート形状もラウンドナンバー+MA合致点でローソク足反応し上昇の兆しを見せているため合格。

ポンド円のLong

前回に引き続き
チャート形状〇・ローソク足の反応〇・相関関係〇

ということで迷わずポンド円のLongをしました。

損切は直前の安値ヒゲ先の下側
利確目標は上部に見えるラウンドナンバー少し下側
第1目標は前回高値(後に左側にある高値に第1目標修正しております。)

数分で第1目標到達

エントリー直後から力強く動き出してくれたので全くストレスなく第1目標到達しました。

ここでは利確ではなく撤退か保有継続の判断をしていきます。

一気に伸びている足なので戻す時も早いはず。ライン際での反応を注視します。

あっという間にTP到達で利確となった

5分足のローソク1本も確定しないままTP到達となりました。

保有時間5分未満で38.0pipsと、かなり燃費の良いトレードとなりました。

決済後のチャート

利確後反発の動きは見せるもすぐに高値更新していきました。

が、利確目標としていたところで利確出来ているので全く悔いなしです。

むしろ一旦反発の動きを見せているので、保有継続していた場合持ち続けられたかどうかわかりません。

トレード振り返り

今回のトレードは保有時間が5分未満ととても短いトレードでしたので、ポジション補油しながらの判断の迷いなどはありませんでした。

エントリー根拠をチャート形状・ローソク足の反応・相関関係の全てから見いだせたトレードでしたので自信はありましたが、ここまで簡単に勝てるとは思っていませんでした。

普段は小さく負けて・そこそこで勝って・たまに今回のような大きく取れることで月利40%程のプラスは達成できます。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました