スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】上手く負ける・・・。これ結構重要です。

 

環境認識

ポンド円がラウンドナンバー+MAで反応中

Longを狙っても良い場面でした。

が、ここでのエントリーは見送りとしました。

見送った理由はドル円とユーロポンドの状態が悪かったからです。

まずはユーロポンド

ポンド円のLongが勝てるには、ユーロポンドには下落してほしいところです。

ユーロポンドの大きな流れは下落相場ですが、現在位置はPivot+MAの合致で短期MAは上向きとなってきています。

この状況は私には上昇の兆しに見えました。

更にドル円です

ドル円は完全に下落真っただ中。

一旦底を固めるような動きを見せてもすぐにブレイクされており、まだまだShort勢は元気な状態です

ドル円が下落するとポンド円のLongは不利となります。

相関関係を考慮して現段階ではポンド円のLongは見送りとしました。

下げれないようなので警戒しながらもLong

エントリー見送っていたポンド円ですが、下落の動きを見せるもラウンドナンバー+MAが効いている状況。

弱気ながらも下げられないならテクニカル通り上昇の可能性もあると考えてLongエントリーしました。

損切は前回安値下側
利確目標は上に見えている日Pivot
第一目標は前回高値

相関の環境は良くないので警戒は必要です。

やはり危険。撤退判断

相関の環境が良くない状況でしたので、ポンド円のロングポジションを保有しながらもユーロポンドとドル円のチャートは常にチェックしていました。

ユーロポンドは下落を否定するようなローソクパターンとなっており危険な状態。

ドル円はラウンドナンバーをブレイクし、下に走り出しそうなパターンとなっていました。

ポジション保有中のポンド円は、当初決めていた損切ラインまでまだ幅がある状況でしたが相関の環境が悪化していたので早々に撤退判断としました。

撤退判断は大正解

決済後のチャートです

撤退後に下落開始し保有継続していれば完敗トレードとなっていました。

トレード振り返り

チャート監視継続しましたが、チャンス場面がきそうな通貨が無かったので本日は終了としました。

撤退判断が上手く決まり、損小で逃げることが出来れば負けトレードでも全く気になりません

メンタルを維持しながらトレードを続けるには上手く負けることにも意識しなければいけません。というハナシです。

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました