スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】ポンド買いのシナリオは崩さず乗り換え勝利(11月トレード成績も公開)

 

ポンド主体の動きを確認

チャート監視を始めた直後ポン円の大陰線からの下抜け否定する長い下ヒゲ確認

ポンドドルも同じく大陰線から下抜け否定の下ヒゲ

ユーロポンドも当然長い上ヒゲを出している。

この状況はポンドの買いで勝負したいところでした。

ポンド主体で動いている状況で、ポンド円のLongなのかポンドドルのLongなのかを判断するためにドル円のチャート分析をします。

ドル円の動きは正直判断が付きませんでした。

上昇であればポンド円をLongとなりますし、下落であればポンドドルのLongとなります。

大きく上昇の後一気に下落している状況であり、週Pivotで上昇を否定されているようにも見えたので「ドル円は下落」という判断をしました。

ドル円の強弱判断が決まればポンド買いエントリー

ドル円を下落と判断したので、当然狙うはポンドドルのLongです。

損切は大きく残した下ヒゲの下あたりまで許容
利確目標は週Pivot
第1目標は日Pivot

としました。

ドル円の判断間違いか!?

下落と予想したドル円が日Pivotで反応して上昇の動きを見せていました。

ドル円下落の逆相関狙いでポンドドルをロングしているので、ドル円が上昇するのであればシナリオは崩れてしまいます

ポンドドルは許容した損切ラインまで保有せず損切撤退としました。

ポンド円のLongへ乗り換え

ポンド買いのシナリオはそのままの状況でドル円が上昇となれば、ポンド円のLongです。

ドル円の値動きは読み違えましたが、ポンドの買いのシナリオは継続の判断でした。

気を取り直してポンド円のLongエントリーしました。

損切はポンドドルの時と同様、下落を否定した下ヒゲの先
利確目標は日Pivot
第1目標は高値を2度抑えられているラウンドナンバー

としました。

含み損を耐え第1目標到達

基準としていたPivotを下抜けしそうな動きを見せていましたが、実体では抜け切れていないため保有継続の判断としています。

週Pivot下抜けが出来ないので保有継続していると、大陽線で第1目標へ到達してくれました。

ここではローソク足の動きに注目していきます

再度ブレイク挑戦し利確目標到達

第1目標で一旦は反応してしまいましたが、再度高値ブレイクを狙う動きを見せてくれました。

高値揃いのダブルトップ上部にShortの損切が溜まっており、ブレイクすることで損切を巻き込む「損切ブレイク」の動きを見せてくれました。

足確定4秒前にTP到達で利確となりました。

決済後の値動き

利確目標で利確後はさらに上の月Pivotまで到達していました。

しかし、ここはシナリオに組み込んでいない値動きであり、取り逃したという感情はありませんでした。

エントリー時に立てたシナリオでの利確目標で利確出来ているわけで、ルール通りの利確です。

トレード振り返り

今回のトレードはいつものようにPivot+MAno合致点でのローソク足の反応からエントリーではなく、ポンド主体での動きを確認してからチャート上での根拠を探しました。

いつもは
チャート根拠→ローソク足の反応→エントリー

今回は
ローソク足の反応→チャート根拠→エントリー

同じように感じるかもしれませんが、私としてはいつも通りのエントリーではなくルール通りのトレードとは言えませんでした。

結果、ドル円の値動きを見誤り損切からのリカバリートレードとなっています。

ポンドの動きを確認した後、ドル円チャートでのローソク足の反応を見てからエントリーするべきでした。

11月最終成績

本日で11月も終わりという事で、今月のトレード成績を公開します

エントリー回数はアメリカ大統領選挙の影響で少なくなっています。

勝率は57.14%と良い数字とは言えません。

Longエントリーに関しては勝率20%と酷い結果でした・・・。

が、損失を限定しているため勝率60%未満であって資金は48.33%増と、ほぼ1.5倍になっています。

私のトレード手法に興味があれば下記事を確認しご連絡ください。

【手法公開】トレード時間が限られている兼業トレーダー向け
勝ちトレーダーの共通点FXは闇雲にやって勝ち続けられるほど甘いものではありません。しかし、勝ち続けられる方法は沢山あると思っています。世の中の勝ちトレーダーと呼ばれる方々も、それぞれの方法で勝ち続けています。...

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

comment

タイトルとURLをコピーしました