スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】判断ミスで微益撤退

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

エントリー通貨の選定

チャート監視を開始し、ドル円のShortかユーロドルのLongに狙いを絞りました。

ドル円
Pivot+MAの合致点まで上昇してきている状態。上昇否定されればShortしたい形。

ユーロドル
こちらもPivot+MAの合致点。高値が揃ってしまっている点が不安点。

チャートから根拠が出ているのは2ペアのみでした。

この状態からローソク足からも根拠が見られるか注目です。

ヒゲで抜けれないこと確認しエントリー

ドル円の上ヒゲで抜けれない形を見てShortしました。

損切は安値と高値が交わるレジサポライン上部

利確は下側のPivot

第一関門はラウンドナンバー

Pivotが機能して含み益となった

エントリー後陽線が出てしまったが、Pivotがレジスタンスラインとして機能してくれた

前回の安値まで降りてきてくれたので、今のところ順調なトレードです。

安値ラインで好きなローソクパターン

安値を下抜けしたタイミングで、私が好きな下落の前兆パターンが出てくれました。

このパターンの後は大きな陰線で伸びてくれることを期待できます。

数本で第一関門まで下落してくれることを期待。

第一関門到達

無事第一関門到達。

このラインでどう動く注目。下落を否定されれば撤退判断します。

私の手法はライン際でのローソク足の形状が重要です。

全てのエントリーを目標まで伸ばすのではなく、ローソク形状で撤退判断することでいらない負けを減らしていきます。

第一関門がサポートになってしまっている

ライン際でのローソク足に注目していましたが、下ヒゲで抜けきれない状況。

何度か下抜けを試すも反発してしまい、サポートラインとして機能してしまっていると判断し撤退としました。

撤退判断をしていくことで、勝率・リスクリワードを良くしていきます。

普段はコツコツ取って、取れるときに大きく取っていく手法です。

その後

その後はラウンドナンバーで少しもみ合いましたが、結局目標ラインまで到達しています。

下落否定足が明確に出たわけではなかったので、判断ミスだと思います。

トレード振り返り

通貨選択とエントリー場所はルール通りで良かったが、決済判断は少し早まった感じがする。

第一関門としたラウンドナンバーがサポートとして機能はしていたが、反発している中で明確な下落の否定足は出ていなかったので保有継続したほうが良かった。

ライン際でのローソク足判断がまだまだ甘いと思いました。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました