スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】安値更新出来ないと判断し撤退

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

エントリー通貨の選定

6通貨(USD・JPY・EUR・GBP)の各ペアを見比べると、ポンド売りが有利そうな印象でした。

通貨ペア見比べることで、強い通貨・弱い通貨が判断しやすくなります。

ポンド円・ポンドドルの見比べ

ポンドが弱いとなると、ポンド円とポンドドルのどちらかをShortすることになります。

2ペア見比べるとポンド円は損失許容幅に対して利幅が短い。

Shortするならポンドドルの方が優位性がありそうでした。

形が良くて、根拠が重なってもリスクの方が大きい場合は見送った方が賢明です。

ポンドドルのShortエントリー

いつもの「Pivot+MAの合致点」とは少し違いますが、MAで反応しPivot下抜けているので根拠としては信頼して良いと判断しました。

損切は高値の上側

利確は一番下に見えるPivot

第一関門は赤のPivot(週)

第二関門は少し下のPivot(日)

信頼できるローソク足パターン

少し含み益が出てきたころ「信頼しているローソク足パターン」が出てくれました。

このパターンが出た次足は長めの陰線が出てくれる事が多いです。

ライン際でのローソク足に注目していくので、この足の後伸びてくれれば第一関門までは少し気が楽になります。

第一関門到達

無事に第一関門到達しました。

ここでローソク足がどのような動きをするのか注目していきます。

第一関門のPivotが前回安値と重なっており、Wボトム形成し上昇していく可能性も十分あります。

ですが、ここは利確ポイントではなく下落継続か反発するかの見極めポイントです。

抜けきらないと判断し撤退

第一関門を下抜け、第二関門ライン付近まで下がってきましたが足確定時は下ヒゲとなりラインは抜け切れませんでした。

この後の動きで下落の否定をする足を確認した場合は撤退となります。

明確な下落の否定足は確認できていませんが、前回安値+Pivotがサポートとして機能しているのは間違いなさそうです。

注目していたラインでの反発なので撤退判断としました。

ローソク足から下落否定が見られなくても、意識されるラインで反発が確認できているのであれば撤退判断の根拠となります。

決済後の動き

決済した後は上がるでもなく下げるでもない、時間がかかるストレス相場になりそうな予感です。

最近は保有が長く苦労するトレードが続いていたので、今日は巻き込まれなくて良かったです。

毎回綺麗に目標まで伸びる訳でもなく、撤退判断がかなり重要になってきます。

目標まで行かなくても根拠をもって決済判断することは難しいですがとても重要です。

トレードの振り返り

本日はチャート監視開始からエントリーまでかなり待ちました。

エントリーしたい形も何か所か見えていましたが、ローソク足からの根拠が確認できなかったりとモヤモヤする相場でした。

そんな中、根拠が揃うまで待てたのは良かったです。

目標まで引っ張っての利確とはなりませんでしたが、撤退判断も悪くない判断だったと思います。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました