スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】時間効率の悪いトレードとなり撤退判断

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

エントリー通貨の選定

今回のトレードも、いつも通りPivotとMAの根拠が重なる部分を探していました。

オージー円が狙えそうなチャート形状になってきたことを確認し、ローソク足の動きに注目していきました。

方向性があるとは言えない相場でしたので見送ったほうが良いかも・・・と若干の迷いはありました。

いつも通りのチャート形状を待ち、そこでのローソク足の動きに注目する。

トレードルーティーンを守ることで、一喜一憂しない機械的なトレードが出来る。

反応を見てエントリー

基準としていたPivotラインは一度上抜きしたが、次足で上昇の否定足。

勢いがあったので足確定の少し前からShortエントリーとしました。

損切は戻り高値の上部

第一関門は前回下値を止められたサポートライン

利確は下側のPivotライン

エントリー時にシナリオを作っておくことで全て想定内で終わらせることが出来る。

大きな陰線で加速期待

エントリー後基準としたPivotまで戻されましたが、再度反応してくれて大き目な陰線で上昇を否定してくれました。

このまま一気に第一関門到達を期待して監視継続します。

損切と利確のポイントだけでなく、反応するであろうラインを予め意識しておくことで、抜けきれないときの撤退判断をすることが出来る。

第一関門到達はしたが・・・

第一関門には到達したが、保有時間がかなり長くなっておりライン際での強い売り勢力の動きも見られないので撤退判断としました。

本来第一関門ラインは抜けるか反応してしまうかを確認するラインだが、今回は有時間が長くなっており、監視し続けることが厳しくなってきたので撤退判断としました。

トレード振り返り

エントリー根拠は悪くはないが、MAがまだ上方向であることを加味するとShortに大きな優位性はまだなかったのかなと反省できるトレードでした。

チャート形状とローソク足からは根拠が確認できていたので変なトレードにはなっておらず、微益ながら利確もでき結果オーライのトレードでした。

良いトレードとは言えないが、そこまで悪いトレードではなかったという印象です。

2時間で5.6pipsは燃費が悪かったです・・・。

いつも良いトレードが出来るわけではないが、ルールを厳守することで変なトレードにはならない。

上手くいかなくても納得できるトレードをする。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました