スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】勝敗は通貨の選択でほぼ決まる

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

エントリー通貨の選択

チャート監視時、ポンドドルのShortが狙えそうな環境でした。

根拠を探すため、他通貨も確認。

ユーロポンドが綺麗にトレンドラインが引ける状況で、上昇が期待できる。

ユーロポンドの上昇はポンドの売りを加速させる可能性があるので、ポンドドルのShortに対しては追い風です。

全体を見てみると、ユーロ円のShortも狙えそうな形でした。

ライン際でのローソク足に注目し、ユーロ円かポンドドルのShortを狙って行きます。

他の通貨ペアも確認することで、っている通貨に対して相場は追い風なのかチェックすることが出来る。

足確定でエントリー通貨決定

足確定時にユーロ円の反応が、このまま下落を期待するには怪しい状態でした。

ポンドドルはしっかり陰線を確定させてくれているので、ポンドドルの下落のほうが断然期待できると判断。

エントリー候補の通貨を見比べて監視することで、より勝率の高そうな通貨を選択できる。

単一チャートしか確認していなければこの判断は出来ません。

エントリーのシナリオ

チャート形状はラウンドナンバー+MAの合致

ローソク足は、ラインでしっかり反応して陰線で確定

チャート形状とローソク足で根拠が確認できているのでエントリーしました。

損切は反応を見せた高値の上側

利確は下のラウンドナンバー

第一関門は、山と谷が重なっている価格帯のレジサポライン

第二関門は、利確目標直前のPivotとしました。

エントリー時にしっかりシナリオを構築することで、ルール通りの決済判断がしやすくなる。

闇雲なエントリーはどうしても含み損を耐えたり、微益で利確となりやすい

第一・第二関門

エントリー後すぐに第一関門に到達。

ここで反応して下落を否定するのであれば撤退となります。

トレンドラインを下抜けたユーロポンドがライン内に戻ってきているので、ポンド売りが集まってくれる期待が出来ます

第一関門は危なげなく突破。

山谷形成しているレジサポラインなので突破することで売りを集めやすいのではないかと考えていました。

第二関門到達前に少し失速し陽線が出てしまう瞬間もありましたが、足確定時にはしっかり上ヒゲとなってくれており、上昇を否定しているような印象でした。

上昇否定足を確認できたことで、目標ラインまで保有する後押しとなってくれました。

上位足の切替りで第二関門突破。

あとはTPで利確となることを待つのみです。

ここで下落否定が起きて、V字回復に巻き込まれないよう注意が必要な場面でもあります。

SL・TPだけではなく、第一関門などの注目するラインを設定することで、撤退の基準が見えてきます

ポジション取ったら放置するのではなく、ラインでの動きを見て継続か撤退を都度判断していくことが重要です。

利確目標で無事利確

まともな陽線が出ることもなく順調に目標まで下落してくれました。

33分で39.6pips獲得となりました。

利確後は、更に下のPivotで反応し戻しています。

良いところで決済できたと思います。

目標まで利益を伸ばす努力をすることでTP利確が出来ます

引っ張ったことにより利益が削られて決済となることもありますが、決済ルールを明確にすることで再現性のあるトレードになります

トレード振り返り

ルールをしっかりと守ったトレードが出来ました。

ユーロ円とポンドドルの2択としたときに、通貨を見比べて足確定時の形状で判断できたことが良かったです。

ボラが大き目な相場だったので、LOTを調整したことでいつも通り利を伸ばす努力が出来たと思います。

毎度同じ固定LOTではなく、損切幅に合わせたLOTでエントリーすることで、いつも同じ心境でトレードし易くなります。

値幅を取りに行く手法を使うのであれば、LOT調整は必須だと思います。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました