スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】ローソク足からの判断で損切決済

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

本日は損切トレードでしたが、しっかりローソク足を見ての損切でしたのでルール通りの良い負けだったと思います。

エントリー通貨選定

ユーロドルがPivot+MA合致の位置

5分足ではトレンド転換の形だが、1時間足では上昇の押目に見えるポイントでした。

ライン際でのローソク足の動きに注目していきます。

ライン際でしっかり下抜け否定の陽線を確認

チャートとローソクの両方からエントリー根拠確認出来ました。

いい形が出たからと言ってすぐエントリーするのではなく、しっかりローソク足の形状を確認することで勝率を上げて行きます。

ユーロドルのLongエントリー

チャート形状+ローソク足で根拠を確認出来たので、足確定少し前にLongエントリーしました。

損切はラウンドナンバー下側。

利確はPivot。

第1関門ラインは高値揃いのラインとしました。

損失許容幅に対して期待する利幅が大きいのでリスクリワードもOK。

上昇してくれることを期待します。

チャートパターン+ローソク足+損失幅と利幅を加味してエントリーするかを決定する。

途中経過は悪くない

エントリー後は順調に上昇し高値更新してくれました。

一旦戻される場面はありましたが、基準としたPivotラインがしっかりサポートとして機能

根拠は崩れていないので保有継続です。

安値切り上げていたのでトレンドラインを引いてみると、綺麗に揃ってくれていました。

このラインも決済判断となりそうです。

トレンドラインを下抜けてきましたが、再度Pivotが効いてくれてライン内に回帰しています。

ライン際での買い勢力が強く働いて、まだまだLong側が有利と判断し保有継続。

ポジション保有中もライン際の動きに注目することで、根拠をもってポジション保有継続が出来る。

保有中にリスクを限定してあげることで、エントリー時よりも良いリスクリワードでトレードが出来ます。

否定足で損切

ライン内に回帰したローソクが再度下割れし、上昇否定の形が出たのでPivotライン上でしたが足確定で損切としました。

損切後は再度上昇の否定足が出ております。

結局上昇してきていますが、Long保有の根拠は崩れていますので損切で正解だったと思います。

損切=ダメトレードではなく、ルール外の損切がダメ。

根拠を持った損切を繰り返すことで、メンタルを保ったまま終われる。

メンタルが崩れるからドカン負けをしてしまうので、ルール通りに淡々とトレードすることが大切。

トレードの振り返り

今回のトレードは損切ではありましたが、エントリー・損切共に根拠をもって行なっているので悔いのないトレードでした。

負けが続くこともありますが、根拠通りに負けているのであれば問題なく巻き返せます。

明日からも根拠・ルール通りのトレードを行なっていきます。

ルールを守っていれば退場はありえません。

自分で決めたルールは絶対守ること。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました