スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】根拠が弱くて損切トレード

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

本日は根拠が甘く損切トレードとなりました。

反省トレードです。

手法は公開しておりますので気になる方は目次内の「トレード手法」を確認お願いします。

エントリー前の思考ミス

チャート監視したところ、Pivotとの位置関係でチャンスはまだ来ないだろうなという判断でした。

ふとポンド円にレジサポラインを引てみたところ、MAと合致し下落していくように感じました

ここがまず最初の思考ミスです。

「レジサポ引いたら機能するように見えた」ではなく、基準とするPivotまでが遠くチャンスがないから「自分に都合の良いラインを見つけて引いた」が正解。

完全に自分よがりな思考となっていたと思います。

間違った思考のままエントリー

ライン際でのローソク足の動きを見ているとやはり反応して下落スタート。

足確定からShortエントリーとしました。

ここでも大きなミスがあります。

しっかり陰線付けてからのエントリーなのでリスクリワード比率が良くない状態でエントリーしてしまっています。

私のライントレード手法は、ラインからラインまでの値幅を取る手法で、リスクに対して期待できる利幅もエントリー根拠の1つです。

良くないエントリーだったと思います。

案の定優位性のないトレードとなり損切

まさに負けるべくして負けたトレードでした。

根拠を待つのではなく作りに行ったという点がまず第1です。

次に、リスクリワードが良くない状態でエントリーはストップしなければいけない場面で出来ていない。

一つだけよかった点はしっかり損切した点です。

もし自分の安易なポジで含み損となり損切ラインを動かしたりしていれば大損失となっていました。

反省点

今回のトレードは反省点しかありません。

自分に都合の良いラインを見つけて根拠にした点については、猛省すべき点でした。

ラインを引いているうちに何だかチャンス相場に見えてくる事ってありませんか?

そんな時は要注意です。

自分に相場を合わせることはできませんので、しっかり根拠を待ってのエントリーをしていかなくては。と再認識いたしました。

根拠は作るものではなくて、待つもの。

引いたラインは本当に効いているのか?自分都合に合わせていないか確認!

 

comment

タイトルとURLをコピーしました