スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

【トレード記録】根拠を集めてシナリオ通りに勝利

資金管理が苦手な方必見!!1度もLOT・損益を見ることなく適切なトレードをすることが可能です。『ak-controller』はメンタルが崩れる機会を排除してくれるサポートツールです。 | GogoJungle

本日のトレードも「Pivot基準のライントレード手法」でのトレードでした。

手法は公開しておりますので気になる方は目次内の「トレード手法」を確認お願いします。

エントリー根拠とシナリオ

今回選択した通貨ペアはEUR/AUD(ユーロオージー)でした。

他通貨が狙える形ではなかったのと、ユーロオージーがPivot+MAの位置で押目作っている状態でしたので、抜けないで反応してくれるのであればLong狙えるかなと監視しておりました。

利確をラウンドナンバー付近として、損切を前回の安値付近とすると、リスクとリワードの比率も良好でしたので、ローソクの形に注目して待ちました。

根拠にタッチした時点ではエントリーしない。

ローソク足の形からも根拠が確認出来てからポジションを持つ。

ローソク足からの根拠追加でLongエントリー

Pivot+MAで反応した足は上ヒゲでLongするには少し嫌な足でしたのでもう1本様子見。

次足はしっかり、下落を否定してくれたのでロングエントリーしました。

損切は前回押し安値の外側。利確はラウンドナンバー付近として利益が出るのを待ちます。

ラウンドナンバーの上には2種類のPivotが控えているので、上昇しても一旦この辺りまでかと予想しております。

チャートとローソク足から根拠が出て、更にリスクとリワードの比率も良好だったので、ルール通りのエントリー

期待通り上昇。第一関門へ

エントリー後は順調に上昇してくれて、第一関門の前回高値へ到達。

ここをすんなり抜けてくれれば、安心して見守ることが出来ます。

ここを抜けれるか抜けれないかしっかり見ていきます。

多少の反応は仕方ないとして、前足を包むような陰線が出てしまえばLong勢が撤退し始め、売りが集まり陰線が続いてしまう可能性があります

含み益だからと楽観視せず集中して見ていきます。

目標までの間にある意識されそうな価格帯は、予め確認しておく。

そこでどのような反応をするのか。抜けるのか。抜けれないのか。どのようなローソク形状となるのかを見ていきます。

やはり一旦反応。上昇否定足が出たら撤退も考える。

やはり高値では一旦反応してしまいます。

上昇を否定する足が形成されてしまったら撤退を考えていきます。

多少の反応であれば、買いが優勢なのは変わらないので見守っていきます。

ラインで反応してしまった場合は、上昇の否定足が出ないかを1番に注視する。

ライン際でのローソク形状が1番大事。

無事ブレイク。あとはTP利確を期待。

高値ラインで反応はしたものの、陰線作ることもなく綺麗にブレイクしてくれた。

新規の買いも集まりそうな形状なのでTPまで上昇を期待できる。

引き続き否定足には注意する。

利確目標まで届かず反転してしまうことも多いので、楽観的にならないようにする。

TPで利確。ストレスの少ないトレードとなりました。

ラウンドナンバー付近で上下にヒゲが出て忙しい相場となっていたが、無事TPにかかってくれたので利確することが出来ました。

47分で22.6pipsは上出来かと思います。

毎回こんな上手くいく訳ではないが、エントリー根拠をしっかり集めた後ポジション保有し、含み益が出ていても目標まで保有する努力をすることで「良い勝ちトレード」が出来る。

トレードの振り返り

Pivot+MAの根拠にローソク形状の根拠を追加しルール通りのエントリーでした。

前回高値到達時点でも、目標まで伸ばす努力をし、無事ブレイクからTP利確となったのでルール通りの納得トレードとなりました。

エントリールールを守り、保有中も感情的にならず、決済ルールも守るトレードが出来れば、後悔もなく成功体験を積み重ねることが出来る。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました